薪窯のある名古屋市中村区の陶芸教室です。一緒にろくろを回して自分だけの陶器を作りませんか?

陶芸教室 とよとみ陶芸 トップページに戻る

                    とよとみ陶芸カリキュラム
作陶 装飾


@ひもづくり 湯呑類
ひもづくりは器作りの第一歩です。
まずは湯呑から作ると何でも作れます。
信楽土に織部釉(※酸化焼成

水玉の部分はゴムで文様を描き、その上に織部釉をかけました。

※酸化焼成
十分な酸素により、完全燃焼している炎で焼成すること

⇔還元焼成
炭素が多く酸素が欠乏している不完全燃焼している炎で焼成すること
@印花

A練りこみ

B象嵌

C刷毛目

D鉄絵 ※
※下絵付けのひとつで、酸化第二鉄や鬼板などの鉄分を多く含んだ絵具で絵付けしたもの。

※下絵付け
釉を掛ける前の素地に、呉須(コバルトが主成分)や鉄、銅などの下絵の具で絵柄を描くこと。


E染付け

F炭化

F炭化
A菊練り

いい作品を作るための土の下ごしらえです。
B玉づくり ぐい呑み
 
Cたたら銘々皿
板状の粘土を”タタラ”と言いますが、”タタラ”から皿を作ります。
信楽土に青磁(酸化焼成)
Dたたら箱
 
Eたたら湯呑類
 
F香合
 
Gろくろ 湯呑
 
Hまがりづくり
 
Iろくろ マグカップ

ハンドル(取っ手)の持ちやすさが大事な作品です。
赤土に白化粧※イッチン描きして※素焼後、内側は白マット釉をかけ、外側は透明釉をかけて、酸化焼成


※イッチン
器面に盛り上げた文様を描くための道具。またその技法。
スポイトなど、袋に泥漿を入れ、先の細い口で描いていくこと

※素焼
成形した生素地を乾燥させ、釉をかけないでhか憂い温度で焼くこと。

⇔本焼
生掛けや素焼きの後に掛ける釉を熔かし、素地を固めるために行う焼成。
Jろくろ 小皿
 
Kろくろ とっくり
 
Lろくろ 丼
 
Mろくろ 茶碗蒸し器
 
Nろくろ 急須
 
Oろくろ 大皿
赤土に白化粧土をかけて模様をかき落とし、素焼後、新火色と透明をかけて酸化焼成
Pろくろ つぼ
 



Copyright(c). 2004 陶芸教室 とよとみ陶芸 .All rights reserved.